スカイプランを5年プランで利用する場合の注意点

・5年間で計算しましょう。

マツダのスカイプランのシミュレーションをしてみましょう。3年間か5年間の中から選べますが5年間で残クレを設定してみることにします。

 

まず車両本体価格が1,500,000円のデミオの場合(実際の金額から大雑把に設定しています。)残価を30万円として車両本体価格からその分差し引くと120万円となります。

 

その120万円を5年間のうちで支払う形になります。それを次々に支払うので合計60回か月分で支払うとしたら、2万円となります。

 

ちなみに再クレジットする場合は24回〜48回分の月々の支払いで設定します。

 

 

・頭金とボーナス支払いでもっと安くなります。

 

あれ? 月々の支払が2万円もするってスカイプランに限らず残クレは、定額の支払いがすごく安くなるんじゃないの?と感じた方がいると思います。
その安くなるのは最初のうちに数十万円の頭金を払った場合にです。

 

車両本体価格が1,500,000円のデミオなら40万円で頭金を支払い、そして110万円から残価額の30万円を支払って80万円として、約1万3千円の支払いになります。
もっと安く抑えたいのであれば年2回分のボーナス併用払いを利用すればよいわけです。

 

 

・頭金は用意できないと難しい。

 

その頭金を用意できないと審査に通れない場合があるとユーザー間では言われています。
マツダのスカイプランの審査では自分の職業とか給料のことも細かく聞かれます。

 

職業欄には一応、無職や学生と言った選択項目肢もあるわけですが、残クレ自体そもそも自分の車を持っているのが前提のようなものなので無職や学生の車持ちと言うのは、審査項目で引っ掛かりやすいかと思います。

 

それに燃料費や保険代とか用意しないといけないので(残クレの支払い金額にそう言ったのは含まれません。)、事前にお金を持っている分の余裕がないといけません。
頭金も用意できないと車をちゃんと乗り越すのは難しいと言うわけです。

 

 

・利用前にしっかりと計算を。

 

ちなみにマツダのスカイプラン金利は2.9%です。上の計算には金利は含んでいなかったのですが(お金がないと難しいですよと表現するためです。)
その金利分も払うとなるとますます月々の支払いは高くなるます。

 

事故とかの安全性や他の車性能に追求するのはいいけど、もっとお金の支払いの分かりやすさに追求してくれよと言う感じですが、社会がそうであるようにそんな分かりにくさを乗り越えて、みんな車を乗り回しているんです。

>>マツダスカイプランの支払額を一番安くする方法

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ