マツダ スカイプランの見積もりで損しない基礎知識

・スカイプランは安い?

マツダのスカイプランはいくらで毎月払うことになるの?と疑問に感じて類型もいると思います。

そこで、マツダのサイト上でまずシミュレーションしてみましょう。

 

車両価格1,998,000円のデミオ を頭金500,000円払って、下取価格を500,000円とした場合、月々のお支払い分は5,236円×35回になります。しかし、
最終回お支払い分(残価) 925,000円×1回もします。
このままではあまりにも高いですよね? だからこそ頭を働かせて安くすることが重要になります。

 

 

・商談はこの時期にしましょう。

マツダのスカイプランの見積もりをする際、なるべく安く抑えたいと思うのが当然です。

様々な攻略法があると思いますがその際のコツのうちの一つはまず自分のほしい車とは別に、競合車種(マツダのではない会社)を用意しましょう。

 

他社の車を買う予定なのなら、自分の車を安くして提供しようかなとディーラーの心理が働きます。

 

そして商談を持ち込むタイミングも大事です。3月か9月の決算時期かボーナス時期に、もっと言えば土日に商談に持ち込みましょう。
毎週その土日に商談すれば、自分の貴重な休日を使って車購入に臨んでるとディーラーは見てくれて「じゃあ、安くしようかな」と心理が働くのです。

 

 

・感情的にならずに普段から仲良くなりましょう。

ただ安く見積もってもらうのに必死で感情的になってると、相手は理屈でこちらを攻めていきますので(プロですからね)、するこちらはぐうの音も出なくてしぶしぶ高いと思った金額のまま契約してしまいます。

 

そうならない為にもなるべく感情的にならず商談して、それでも契約書の内容がどう考えても不釣り合いがあったり、安くしてもらえなかったら消費生活センターに相談しましょう。第三者からの意見はきっと力になるはずです。

 

また買い取りをしている方と普段から仲良くなっていると良いです。裏情報を聞けるかもしれません。もし今のあなたが車を買う予定がないとしたら逆にチャンスです。それだけ車屋の方と仲良くなるのに集中できるからです。

 

 

・あなたは得しています。

そして今のあなたは残クレのことをこの記事上で知れて得かもしれません。もし残クレのことを知らずに新車購入の商談をしたら、ディーラーにひたすら残クレは得だと強調されたことでしょう。
残クレは上のシミュレーション通り、こちら側には払いにくいシステムになっています。それをディーラーの口車に乗せられて騙されていないからです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ